お知らせ|川端紙業株式会社は大阪市中央区にある紙の卸売会社です。

「紙」を通して社会を直視。充実のネットワークを広げて、新しい創造の可能性に挑戦しています。

川端紙業株式会社からのお知らせ

2019年5月16日:採用情報を追加しました。

川端紙業株式会社のセキュリティポリシー

川端紙業株式会社は、取引先企業様並びにエンドユーザーの方々に関する情報の収集・伝達・分析等を通じ社会に貢献しております。

当社が保有または取扱う情報の重要性を認識し、下記のセキュリティポリシーを定めます。

1.当社は情報並びに情報システム(以下情報資産という)の、適切な管理及び保護に努めます。

2.社内外の故意または偶然の脅威から情報資産を保護し、社会的責任を果たすと共に、お客様に安心と信頼をご提供することにより、継続的で安定的な事業運営を行います。

3.情報セキュリティの重要性を社員全員が認識し、情報資産を保護するための基本方針を以下に定めます。

1)事業活動に関わる全ての情報を保護の対象とし、常に最適なセキュリティ対策を講じるものとします。特に、お客様に関する情報、社員個人に関する情報、及び弊社のノウハウに関する情報を当社に於ける最重要情報として位置付け、セキュリティの確保を図ります。

2)リスクに応じた適切なセキュリティ対策を講じるため、体系的なリスクアセスメントを行います。具体的には、 情報資産を機密性・完全性・可用性の観点から価値評価すると共に、脅威と脆弱性の評価を行います。また、リスクアセスメントの結果判明した情報資産に影響を及ぼす重要なリスクについては、適切な対策を施します。

3)全ての社員に対し適切な教育・訓練を行い、情報資産の重要性を認識させ、本方針及びISMS文書を遵守させます。

4)情報セキュリティの管理体制を確立し、継続的改善に取り組みます。また、ISMS文書の見直し、運用の改善を図ってまいります。

5)法令等の遵守、個人情報保護の為の関連法令及びその他の規範を誠実に遵守いたします。

以上

森林認証について

当社では2017年4月にFSC/CoC認証を取得しました。認証番号SGSHK-COC-350125

FSC(森林管理協議会:Forest Stewardship Council)は環境団体、林業者、木材取引企業、先住民団体、地域林業組合、林産物認証機関などの代表者により、1993年に設立された非営利、非政府の組織であり、適切な森林管理の推進を目的としています。本部はドイツのボンにあります。

FSCの森林認証制度は製品が適切に管理された森林に由来するものであることを証明する制度です。